自分とは?

自分とは何でしょうか? 身体や人間社会で生きてゆく為の、仮の自己認識でなく、もっと根源的な自分があるはずです。私達は『生命(いのち)の大親』より生命(いのち)を頂いた「生命の御子」であり、全生物は「生命の家族」なのです。



全ての存在に生命(いのち)をお与え下さっている御存在であられる『大親神大生命』(おお おや かみ だいせいめい ) より地球救済の為に頂きました、「大自然の事実の教え」を、私が理解させて頂いた範囲の知識ではございますが、皆様に紹介させて頂きます。


自分とは?

皆様にとって自分とは何でしょうか?

自分の名前で自己を認識したり、男性・女性または人間という肉体的な自己認識や、人間社会の会社や役職や団体や国家など所属してる集合体における自己認識など、捉え方は様々ですが全てに共通する事は、人間同士の社会生活を営む為に必要な「仮の称号」と言えないでしょうか?

もっと根源的な自分があるはずです


『大親神大生命』の生命の御子 生命霊

大自然の大いなる生命の営みであられる『大親神大生命』(おお おや かみ だいせいめい) より私達は人間や動物・植物などの違いを超えて、生命(いのち)を頂き 、「生命の御子」として約138億年前のビックバンより輪廻転生を繰り返し、心・気持ち・ 意識と呼ばれる「生命霊(せいめいれい)」の成長発展を遂げさせて頂いております。

根源的な自分とは、『大親神大生命』の大いなる生命の一部を頂いた「生命(いのち)の御子」であり、生命を頂き活かされ生きている全ての存在は「生命(いのち)の家族」なのです。

そして生命の力と働きを使いつくり上げてきた自己固有の気持ち・意識・心とよばれる「生命霊(せいめいれい)」こそが唯一無二の自己という存在なのです。


生命霊の成長の為に

『大親神大生命』は私たち生命の御子達に、「生命霊」を成長発展してゆく 「生命の法則」( 生きる目的) をお与え下さり、全ての生命の御子らをより良く素晴らしく育てて下さる為に、それぞれの意識の成長段階に合わせて物質的生存や有機的な肉体的生存を輪廻転生を通してお与え下さっているのです。

この親理・摂理を『大親神大生命』は、親が子供を産み育てる大自然界の事実や、新陳代謝・血液の循環や銀河・太陽系・地球の循環をもって新たなる日々を繰り返し頂き子供から大人へ成長してゆく大自然の事実をもって私達に語りかけて下さってるのです。

『大親神大生命』の御心・御愛が大自然界の事実の現象であり「親理」の御言葉なのです。

自分とは何でしょうか?

自分とは今世頂いた肉体や人間社会の立場や称号ではありません

自分とは『大親神大生命』の大親の生命と御心と御身体の一部を頂いた「生命の御子生命霊」であり、活かされ生きる理由は生命霊を子供から親へと高めてゆき、やがて大自然界の中で調和と秩序をもって役に立つ存在になってゆく事なのです。

『大親神大生命』の大いなる親の愛に包まれて活かされ生きる喜びと共に「生命の感謝」を始めませんか?
貴方の新しい生き方が地球の新しい生き方の種となります。

『大親神大生命』に対し奉り「生命の感謝」を始めよう