『大親神大生命』(おお おや かみ だいせいめい)


『大親神大生命』
生きとし生けるもの全ての「生命の大親」であり唯一絶対の神であられる御存在に人類は目覚める時がきました。

全ての存在に生命(いのち)をお与え下さっている御存在であられる『大親神大生命』(おお おや かみ だいせいめい ) より地球救済の為に頂きました、「大自然の事実の教え」を、私が理解させて頂いた範囲の知識ではございますが、皆様に紹介させて頂きます。


『大親神大生命』

大自然界の大いなる生命(いのち)の営みがございます。大自然界の森羅万象は大いなる生命が活動している姿であり、私達人類を含む全生物は大自然界の大いなる生命の営みにより生命を授かり活かされ生きているのです。

大自然界の大いなる生命の営みが無ければ、全生物の生存はもとより宇宙そのものが存在し得なくなります。
この揺るぎない事実は人種・民族・宗教宗派を超えて地球だけでなく全宇宙のあらゆる生物・存在に普遍的に働いている事実・真理なのです。

私達は誰一人 生命をつくる事は出来ません。

大自然の大いなる生命の営みにより全生物は生命を与えられ活かされ生きているのです。
大自然の大いなる生命の営みとは、全てに生命を与えて下さっている「生命の大親であられる唯一絶対の神」であり、この貴い御存在を『大親神大生命』(おお おや かみ だいせいめい)とお呼びさせて頂いております。
『大親神大生命』とは人間の観念から創造した神仏を表現したものではなく、大自然界の全てに普遍的に働いている生命の力と働きそのものであり、あらゆる生物・存在・現象にとって絶対必要不可欠な貴き御存在なのです。


『大親神大生命』の大いなる生命と御心と御身体

『大親神大生命』は大いなる生命と御心をお持ち下さり御自身の御身体である大宇宙の営みをもって全生物をより良く素晴らしく育てて下さっております。 『大親神大生命』 御自身が生命と気持ちと身体をお持ち下さっておられる為、『大親神大生命』の「生命の御子」である私達も生命と気持ちと身体を授けて頂き大自然界の中で活かされ生きているのです。

人類は物理的に宇宙がッグバンと呼ばれる膨大なエネルギーの爆発により誕生した事実をつかみ、質量をもつ全ての存在はエネルギーにより創造されている事をアインシュタインは相対性理論E=MC2 エネルギーにより物質が創造されている)として初めて理解しましたが、エネルギーとは『大親神大生命』御自身の大いなる生命そのものであり、大宇宙の営みそのものが『大親神大生命』の貴き生命と御心と御身体なのです。

『大親神大生命』の大いなる生命の営み


『大親神大生命』の生命の御子

『大親神大生命』の貴き大親の生命の一部を頂き私達全生物は活かされ生きております。
この事を「親子の原理」と言います。
生命ある存在は親なしには誕生・存在出来ません。
親という根源的全体があるからこそ子供という派生的部分が存在出来るのです。

私達全生物は自ら生命や身体を創造する事は出来ず『大親神大生命』という根源的全体の御存在がいて下さる事により、「生命の御子」である派生的部分の私達が存在出来るのです。

親がいてくれてこそ私達が存在出来る

『大親神大生命』の貴き大親の生命の一部を頂いた「生命の御子」である私達は、生命という次元においては人間も動物も草木も差はなく貴い存在であり全生物は「生命の家族」であり「生命の兄弟姉妹」なのです。

私達は大自然界における生命の貴さや尊厳性に目覚めていない為、他の動植物に対して生命の愛の無い扱いを行ってしまっており、同じ人間同士ですら人種・民族・宗教宗派という人間が勝手に作り出した観念の産物の違いにより争い対立し殺し合っております。

この生命の尊厳性に反した生き方は人間のみならず地球上の他の生物の生存を脅かし地球自体を破壊するまでになってしまっております。

私達が生きてゆく上で一番大切になってくる事は親子の絆であり家族の繋がりとなります。私達は肉体的な親や家族は分かりますが、『大親神大生命』という「生命の大親」の御存在や全生物が「生命の家族」として大自然界の中で活かされ生きている事が分からずに心の孤児として彷徨っているのです。


地球の新しい生き方

今こそ私達人類は『大親神大生命』の御存在と御心を悟り、「生命の尊厳性」に目覚めた新しい生き方を始めるべきなのでしょうか?

気持ちが変われば行いが変わります。

私達の気持ちが大自然界の摂理・真理に沿った生き方に目覚めれば、地球は生命の愛の溢れる惑星へと変わってゆくはずです。
貴方の始める新しい生き方が地球の新しい生き方の種となります。

『大親神大生命』の大いなる愛に抱えらえ活かされ生きる喜びと共に

『大親神大生命』に対し奉り「生命の感謝」を始めよう。