「意志・行為・現象」の原則

大自然の全ての存在・現象には「意志・行為・現象」の原則が必ず働いております。宇宙は無機質に存在するのではなく、大いなる生命の営みと意志が働いており、大いなる『生命(いのち)の大親』の御存在なくして全ては成り立たないのです。



全ての存在に生命(いのち)をお与え下さっている御存在であられる『大親神大生命』(おお おや かみ だいせいめい ) より地球救済の為に頂きました、「大自然の事実の教え」を、私が理解させて頂いた範囲の知識ではございますが、皆様に紹介させて頂きます。


「意志・行為・現象」の原則

生きとし生けるもの全てに生命をお与え下さっておられる『大親神大生命』(おお おや かみ だいせいめい) は、全ての生命の御子らをより良く・より素晴らしく育てて下さる為に、大親の生命力動・生命エネルギーを結集して、実際の体験・経験を通して意識・心・情緒・観念を収穫・成長出来る、時空間と現象が現わされる宇宙・大自然界を創造して下さり時々刻々と営んで下さっておられます。この大自然界の事実を「意志・行為・現象」の原則と言います。

「意志・行為・現象」 の原理 とは、あらゆる「存在や現象」の背後には、そのようにする「意志・意図」と、それを具現化する実際の「行為」があり「存在・現象」が現わされるという原理です。

『大親神大生命』は、「意志・行為・現象」の原理により大自然界を創造して営んで下さっておられる為、私達が生存する大自然界の森羅万象に偶然は無いのです。


「相対性理論・ 物質=生命エネルギー 」

『大親神大生命』が御自親(ごじしん)の大親の生命力動を結集してビッグバンより宇宙を創造して下さった事実を、人類は20世紀に「相対性理論・E=MC2」(物質=生命エネルギー)を通して物理的な次元から初めて認識出来ました。

つまり宇宙が偶然に現わされたり、存在するのが当たり前なのではなく、宇宙を創造する意志・目的があり、生命力動(エネルギー)を結集して物質化する実際の行為なくして、宇宙の森羅万象・現象は存在し得ないのです。大自然界(宇宙)は「意志・行為・現象」の原理によって創造して営まれてるのです。


「当然・偶然」は無い

私達は人間同士では「意志・行為・現象」の原理を無意識に理解して生活をしておりますが、自分達の意識の次元を遥かに超越した大自然界・大宇宙の大いなる生命の営みについては「元々そのようになっている」「そのようにあるのが当然」「偶然」と捉えたり、物質的な次元から解明しようとしております。しかし 子供の為に母親が作ったカレーライスを分子レベルまで分析しても母親の愛情や母親の存在は分からない原理と同じで『『大親神大生命』 の御存在や御愛は数字では分からないのです


『大親神大生命』(おお おや かみ だいせいめい) の御存在を教えて頂く前の私はこの世界に途轍もない大きな大きな力が働いてる感覚を持っておりましたが、その大きな力に愛や温もりは感じられませんでした。今考えると親が分からない、親の愛・親に抱えられる温もりが分らない心の孤児だったためだと思います。

自分の『生命(いのち)の大親』であられる『大親神大生命』がいて下さり、常に愛情を注いて下さり見守って下さり「して下さってる」事実を教えて頂き「感謝と謙虚さ」を少しづつではございますが感じる事が出来るようになり、生きる喜びと幸せを感じる事が出来るようになれました。

もし私達が『生命の大親』の御存在や大親の愛を感じれるようになれたらどれだけ素晴らしいでしょうか? 何処にいても、どのような運命環境を通してでも『生命の大親』であられる『大親神大生命』が見守って下さり、大親の愛を降り注いで下さってる実感を感じれたら、世界が変わります。活かされ生きる気持ちの次元が全く違うものになるはずです。

今日から生命の礼儀であります「生命の感謝」を始めませんか?

『大親神大生命』に対し奉り「生命の感謝」を始めよう!